乳がんとは|現代には様々ながん治療がある【免疫細胞療法や乳がんを知る】

乳がんとは

診察

乳がんとは

乳房組織に悪性の腫瘍が発生する乳がん。がんの一種でありますが、女性特有のがんとして知られています。がんは命に関わる病ですが、なんと乳がんは女性のがん死亡全体の約9%を占めていると言われているほどです。以前は欧米女性に多いとされていましたが、現在は国を問わず世界的に増えています。また、一口に乳がんと言ってもいくつかの種類に分かれています。その中でも多いのが「乳管がん」となりますが、「硬がん」や「充実腺管がん」など、細かく分けると15もの種類が存在しています。また、乳房にしこりがあったり、乳房の周辺のリンパ節が腫れていたりなど、人により乳がんの症状は異なります。

乳がんにかかりやすい年代

女性の体は閉経や女性ホルモンの影響で変化していくため、乳がんにかかりやすい年代は30代後半とされていました。ですが、近年は年齢関係なく若い女性でも乳がんになるリスクが高まっていると言われています。その理由は生活習慣。現代は食の欧米化が進んでいるのと同時に、不規則な生活を送る人が増えています。不規則な生活を続けていると、乳がんになるリスクが高まるばかりか、生活習慣病になる恐れもあります。実際に、乳がんだけではなく、生活習慣病やその予備軍は年々増加傾向にあると指摘されているのです。そのため、現代は以前に比べて若い人の間でも乳がんの発症率が高まっており、年齢による差はなくなってきていると言えるでしょう。

がん保険に加入するメリット

現在は様々ながん保険が増えており、保険会社によって保険の内容や料金なども異なっています。乳がんになり治療が始まると医療費も高額になりますし、経済的にも苦しくなる可能性があります。がん保険に加入していれば経済的な負担も軽減されますし、安心して治療に専念できるメリットがあると言えるでしょう。ですが、乳がんになってから保険に加入したくても、既にがんの診断を受けている場合は加入できない保険会社が多いのが現状です。加入できたとしても、健康な人より保障される項目が少なかったり、制限が多かったりする場合もあります。そのため、乳がんが心配な人は早めに加入する必要があります。保険へ加入する場合は、保険会社の情報を比較して決めることが大切です。

広告募集中