がん治療は早期発見がカギ

医師

免疫細胞療法とは何か

人間の体にはもともと免疫システムが備わっており、異常をきたした細胞を排除する働きがあります。そのため、健康を保つことができるのです。ですが、免疫システムのパトロールを逃れたがん細胞により、がんは発症してしまいます。これまでのがん治療は抗がん剤療法や放射線療法などが一般的でしたが、副作用に悩む人が多いのも事実です。髪が抜けてしまったり、嘔吐が止まらなかったりと、副作用で起こる症状は辛いものがあります。それに比べ、免疫細胞療法は本来の免疫力を向上させてがんを治療していく方法のため、副作用が軽減できる治療として世界中で注目されている新しい治療法なのです。

免疫細胞療法を併用する

副作用の軽減に期待ができる免疫細胞療法ですが、近年は抗がん剤を使用する化学療法や放射線療法などと併用して行なわれることもあります。両方の欠点を補いながら治療を進めることができますし、がんの再発予防にも効果があると期待されているのです。ただし、がん治療は症状や体調により異なるため、担当医師とよく相談して治療方針を決めることが大切です。また、がん治療を続けるにあたり費用の問題も出てくることでしょう。がんの治療にかかる費用は高額ですが、負担を減らす方法もあるため、事前に調べておくことが大切です。

早期発見が大切

乳がんは早期発見が大切となるため、乳がんを発見するためには定期的に乳がん検診を受けることを心がけましょう。進行状態によっては治療が難しくなることもあります。これまで一度も乳がん検診を受けたことがない人は、口コミを参考にして一度乳がん検診を受けてみるといいでしょう。発見が遅れてしまうと治療が難しくなるケースもあります。また、年齢が若い人はがんの進行が早いと言われています。体にできる傷は目で確認することができますが、体の中で起こっている異常は目で確認することができません。そのため、適切な検診を受けることは、自分の体の健康を守ることにも繋がるのです。

私の乳がん検診の体験談

しこりが気になって(20代/会社員)

ある日胸のしこりが気になって専門クリニックへ行きました。最近は乳がんのニュースをよく見るので、以前から乳がん検診を受けてみようと考えてはいました。マンモグラフィ検査は正直痛かったですが、幸いしこりは良性だったので安心しました。

友人の勧めで受けました(40代/主婦)

私はこれまで乳がんのことを気にしたことはありませんでしたが、友人に勧められて受けてみることにしました。マンモグラフィ検査は痛いと聞かされていたので覚悟していましたが、私の場合は特に痛みを感じることはありませんでした。検査結果に異常はありませんでしたが、これを機に定期的に乳がん検診を受けてみようと思っています。

遺伝が心配でした(30代/契約社員)

血縁者で乳がんになった身内がいるため、私は遺伝子検査を受けました。遺伝子検査を行なう場合は全額自己負担になるので迷いましたが、結果は陰性だったので受けて良かったと思っています。ただ、海外に比べて日本では遺伝子検査に関心を持つ人が少ないので、もっと日本でも遺伝子検査の重要性が浸透すればいいのになと思っています。

30代になったので受けました(30代/パート)

乳がんの発症は30代や40代に多いと言われているので、30代になったのを機に乳がん検診を受けてみました。初めて受けるのでとりあえず人気のあるクリニックを調べてそこで予約をしました。触診や超音波など一通りの検診をしましたが、結果に問題がなかったので安心しました。

定期的に受けています(40代/会社員)

私は30代の頃から定期的に乳がん検診を受けています。特に最近は乳がんに高い関心が寄せられているので、以前から乳がん検診を受けていた身としては、友人にも乳がん検診を受けていることを話しやすくなりました。乳がんは早期発見が重要と言われているので、これからも定期的に乳がん検診は受けたいと思っています。

広告募集中